照明部の働き

メイク部兼広報部の河野です(*^_^*)

3月19日、この日は珍しく土曜日の撮影となりました。
寒さが戻った小雨の夜で、湯口振興センターのトイレをお借りしてのシーンでした。三寒四温、まだまだ花巻は寒いです。

facebook に様子がアップされています♪
どうぞご覧ください♪

ネクタイを締めた百姓一揆
再び❗おはようございます☺ 先にアップした動画で「おやっ?」と思った、そこのアナタ❗かなりの通です☀ 答は・・最後の写真です😁

今回の撮影は夜のシーンでしたので、照明部が大いに活躍しました。
照明は、昼間のシーンでは顔映りを良くするために付けられますが、夜のシーンでは背景までを演出します。
花火のシーンでは、ネオンサインのような手作りの照明機材を使ったり、今回は外灯と月夜をイメージしていましたので、一か所にまとめられた機材を操作しなければならず、人手を要しました。
普段は照明部は1人か2人の参加になっているので、1人で二箇所の照明を操作したりしていますが、この日は撮影と音声を除く男性スタッフの殆んどが照明を担当して、光加減を演出していました。
今回の撮影がスムーズの進んだのは、照明部が協力して頑張ってくれたおかげだと、監督が仰っていました。

29  21

男性陣のシーンが多い中、カンノとタダセイコウのなんだか切ないようなほっこりするようなシーンとなります。

23

トイレのシーンなのですが、タダセイコウの動きがリアルでした(笑)。

20  27

この間女性陣は、上映へ向けた打合せをしています。

28

マスコット犬ミックは今日も癒しを振りまいていました♡
(お揃いのネクタイTシャツを着ています)

26  22

それにしても、冬と違って寒さ対策がおろそかになるからか?寒かったです。
花粉の時期も手伝って、監督がためらいもなくクシャミして撮り直しとなりましたが、カット数が増えたことなどどうでもいいくらいに場が和みました(笑)

5月29日の最後の撮影まで、残り9回の撮影となります。
次回は、3月27日(日)、市民の家で夜の撮影となります。

コメント