この映画の製作を振り返って~監督から 50

| 0件のコメント

第50回 演出部は、助監督ということになるわけですが、現場ではカチンコや人数の多いシーンでの演出補。そして現場に入る前は、小道具、美術関係を準備しなければなりません。これも休み無しの仕事でしたが、各人が協力してローテを組んでやっていました。特に美術関係は映画の舞台が昭和だったこともあり、用意するもの・作成するものが多かったのですが、非常に器用なメンバーが何人かいて、予算がない中で小道具大道具とも素晴らしいものを用意してくれました。

コメントを残す

必須欄は * がついています