2018年3月5日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 52

第52回 撮影部は私が撮影を兼任していたのですが、他経験者が2名おり、人数が少ない割にはそこそこの実力を持ったチームだったと思います。彼らの撮った素晴らしいカットも映画の中で度々登場してきます、私が頼んでいたのと違うカットもあるのですが、それより良かったなと思うこともしばしばです。特にプライベートな話などしないチームでしたけど仕事人的でやりやすかったですね。

2018年3月4日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 51

第51回 録音部は難しい機材を扱う部署です。音は目に見えないだけに、余計難しいのです。ヘッドフォンで聞こえているように思っても、実際にスピーカーから出すと雑音にまみれていたり音質がこもっていたり割れていたり軽かったり。マイクをきちんと対象に向けて、出来るだけ距離を詰め、ミキサーの針のフレを確認して良いところで録らなければならない。仕事でテレビの録音をやっているメンバーがいて技術を伝え、まとめ役を中心にチームワークで頑張っていました。いつも最後まで残って録音したデータを整理していたのが印象的です。

2018年3月3日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 50

第50回 演出部は、助監督ということになるわけですが、現場ではカチンコや人数の多いシーンでの演出補。そして現場に入る前は、小道具、美術関係を準備しなければなりません。これも休み無しの仕事でしたが、各人が協力してローテを組んでやっていました。特に美術関係は映画の舞台が昭和だったこともあり、用意するもの・作成するものが多かったのですが、非常に器用なメンバーが何人かいて、予算がない中で小道具大道具とも素晴らしいものを用意してくれました。

2018年3月1日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 49

第49回 制作部は最も日常の仕事量が多かったのではないかと思いますが、メンバーがそれぞれベストを尽くして、とても良いチームが出来ていたのではないかと思います。ロケ地との交渉、出演者の交渉や連絡、ロケ地が多くて出演者も多いこの映画ではこれらは大変な仕事だったはずです。彼らが意欲的に動き回ったことで、いろいろなところに繋がりが出来、予算や委員会の規模からは不可能とも思えるような撮影も出来た。

2018年2月27日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 48

第48回 撮影開始直後は、私の方も全く手が回らず、次の撮影予定を組むのさえ撮影数日前で、まあ何から何まで大変な状況でした。しかしそれぞれの部署が徐々に仕事内容を把握し、理解の早い方々が主体的に動くようになってきて、製作チームは数ヶ月で安定しました。その製作チームの中身を、再度ご紹介したいと思います。

2018年2月26日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 47

第47回 こういった大問題はさておき。普通の撮影そのものが大変でした。だってほとんど全員素人なのに、私からは、お客さんが納得してお金を払うようなレベルでやれと言われるんですからね。まあ、私が言ってるんじゃなくて、映画が言ってるんですけどね。

そんなことで大問題以外にも中・小問題が山ほどありましたが、それぞれの部署がある程度安定して活動出来たのは、彼らがしっかりしたチームを作っていたおかげです。

2018年2月25日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 46

第46回 リスクというのはどこまでをリスクというのか、これは非常に難しい問題です。ただ、映画としては真っ当に撮ることが出来た。キャストの決断に感謝です。

一方で、この件で私は少し楽しんでいたことがあって、自分の考えを持っている人が何人もいた。利害や雰囲気や何かではなく、撮影、映画というものに対してのその人の考え方、論理、そういったものでぶつかってきたということ、それが少し面白かった。それはこのチーム作りが成功していることの証左ですので、困ったと言えば困ったのですが、良かったと言えばよかったですね。だからこの件は、結論が出た後もお互い協力して前に進むことが出来た。これはこの時双方とも、筋が通っていたからです。

2018年2月24日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 45

第45回 撮影のために必要な準備をする側と、安全性や衛生面での問題を指摘する側とで、戦いになってしまいました。撮影をしようとしていたのは私と録音部の一人だけですから、数だけで言えば多勢に無勢です。最終的に何で決まったかというと、キャストの声でした。いろいろな説明をして沼の水質検査の結果まで伝えた上で、キャストに聞いたら、やると答えました。それで、撮ることが出来た。

でも実は、強硬に反対していた側の主要な人物のうちの1人は、このキャストの奥さんです。この人は旦那さんの身が心配だったのです。だから、この件ではスタッフとしてどうなのかはわかりませんが、奥さんとしてはとても素敵な話じゃないでしょうかね。

2018年2月23日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 44

第44回 キャストの1人が沼に潜るシーンが有り、これを準備しようとしたところ、一部のスタッフから強い反対を受けました。危ない、衛生的にも問題がある、そこまでして映画を撮る必要があるのか。沼に潜らないで撮ればいいじゃないか。そう言われました。

しかしながら、映画というのはそういうものです。沼に潜っているシーンを、沼のほとりで撮ると言うのは、何かが伝わらなくなります。

映画は、もちろん無くたって死にませんから、撮らなくたって良い。ただ、撮るなら、あるべき姿に近づけるべきだ。うまくいえないのですが、そうとしか私は説明できません。

2018年2月22日
から shinhana-eiga
0件のコメント

この映画の製作を振り返って~監督から 43

第43回 後はもう、撮るだけです。はじめはちょっとぎこちなかった彼の演技も、回を重ねるごとにうまくなっていきました。・・・不思議なものですよね。最後の方はむしろ、他の人より堂々と演じていたかもしれません。

そうそう他にもちょっと大変な事がありました。まあ大変なことはいっぱいあったんですけど。

沼で撮影しようとしていたシーンが有りました。しかし、スタッフから大反対を受けてしまったのです。