新花巻駅

| 0件のコメント

新花巻駅はこの映画の本当の主人公です。

shinhanamaki

14年間の市民運動を経て全国初の請願駅として1985年に開業し、花巻地域の高速交通体系を担ってきた新花巻駅。

この映画に登場している新花巻駅は、時代を語り周りの人々のことを語り、駅そのものを巡る物語として描かれています。
万之助や甚之助らが頑張って作った駅でもありますが、花巻にある ひとつの駅 という枠を超え、もう少し大きなうねりの中で出来た『協力の駅』であり、そこで様々な事象を語っています。

メイク部兼広報部の河野です(*^_^*)

いよいよ撮影は、物語の主人公である【新花巻駅】が舞台です。
撮影も残すところ、2回になりました。

今回の撮影は、JR東日本さんに多大なるご協力をいただき行なわれました。
ホーム内での撮影であること、限られた時間の中で行わなければならないということで、監督スタッフは相当なプレッシャーでしたが、新花巻駅の駅長の熊谷様と、JR企画の越場様と上田様のご好意のもと、時間内(新幹線が2本停車)で滞りなく撮り終えることが出来ました。

というのも、監督と数名のスタッフが前日にリハーサルを行い、カメラの設置場所やキャストの立ち位置などを把握し、 トンネルが映り、なおかつ新幹線が現代版でないような映りになる段取りを、入念に行ったからです。

6月26日(日)、9時台と10時台の新幹線通過時の撮影でしたが、集合時間は6時半集合と少し早めでした。
ここにも緊張感が垣間見られます(笑)
のおかげで、昭和テイストのエキストラ(スタッフが殆どでしたが(^^ゞ)で記念撮影出来ました。

thumbnail_IMG_9005

普段は業務用や団体用通路になっている所から、特別に入れていただきました♪ ゾロゾロ

thumbnail_IMG_9027   thumbnail_IMG_9008

時間まで何度もリハーサルを繰り返して、新幹線が到着するのを待ちました。

こんな感じです♪

thumbnail_IMG_9024  thumbnail_IMG_9011

可愛いエキストラのお子様たち♡
良い役をこなしていました♪

thumbnail_IMG_9016

今回の撮影で最も気を遣ったのは、ホームドアが空いている時間内で、乗降客の邪魔にならないように、25秒から30秒の間に行わなければならないことでした。
エキストラの立ち位置に、あと10cm前とか、5cm後ろとかの指示が飛び交い、失敗したら再度使用許可申請からのやり直しですから^_^; 緊張感もMAXな中で、監督からの「OK~!!」が出た時の安堵感と言ったら…(笑)

それにしても、さすがのJRさんだなぁと思ったのは、私達の撮影が何時から何時まで、どの新幹線でどのように行なわれていたか、始発駅から終着駅までの全駅に事前周知されていたのだそうです…さすがですね♪
しかも、ダイヤに支障がない程度に、通常よりホームドアの開いている時間を長く取っていただいたそうですし、運転手さんからはアイコンタクトでエールをいただき(多分エールを送ってくれていたのだと思います(^_-)-☆)、多大なるご厚意をいただきました。
この場をお借りして、JR東日本のみなさまに、心から感謝の意をお伝えしたいと思います。
本当にありがとうございましたm(__)m
今後とも、宜しくお願い致します。

ホーム内でのシーンを撮り終えた後、駅の外でドローンによる空撮が行われました。
マイドローンを操縦できるスタッフが撮影したシーンも楽しみにしていただきたいシーンです(*^^)v

thumbnail_IMG_9030

最後にみんなで写真を撮りました♪ ハイチーズ
(本物の駅長さんの敬礼!ですね♪)

thumbnail_IMG_9137

次回の撮影は、7月10日(日)
花巻病院さんで撮影となります。
これが実質、最後の撮影です…。

コメントを残す

必須欄は * がついています